腎臓病は食事療法が効果的|宅配食を利用しよう

病状で変わる分量

シニア女性

腎臓病にはいくつかの種類がありますが、食事療法を進める場合は種類別で違いがあります。必要なタンパク質の量や塩分量などが異なるため、同じ病気だからと気を抜かないようにしましょう。

More...

満足感を得る作り方

ご飯

腎臓病を治療するために食事療法を行ないます。食事制限中でも十分満足感を得られるようにするには、料理の量が多く見えるようにしたり、治療専用の食品を使用してバリエーションを増やすと良いでしょう。

More...

宅配食の特徴

介護師

食事療法の辛い点は、塩分やタンパク質を細かく調整しなければいけないというものです。さらに献立を考えるのも手間がかかるのですが、腎臓病食の宅配サービスを利用すれば生活に余裕が生まれます。

More...

食事改善が先決

和食

スーパーやコンビニに行けば色々な食材が手に入る今、食事のバランスが乱れて生活習慣病を発症する人が多くなっています。さらに、食事をする時間が深夜になったり、常に外食やコンビニ弁当で食事を済ませていると肥満になって体の調子が全体的に悪くなってしまいます。生活習慣病でよく知られている病気といえば高血圧や糖尿病ですが、このような病気が慢性化すると腎臓病になるリスクが高くなります。腎臓病を発症して腎機能が低下すると完全に元の健康な状態に戻すことは困難で、さらに自覚症状もほとんどないので、病気が進行するまで気付かない場合がほとんどです。腎臓病になると食事療法や薬物療法、透析などで治療を進めていくのですが、食事療法の場合は患者だけでなく家族にも大きな負担がかかるので、無理なく継続できるような工夫をすることが大切です。

腎臓病になると、タンパク質や塩分の摂取を控えて症状の進行を遅らせるのですが、病状によって治療方法が違ってくるので医師の指示をしっかり守る必要があります。腎臓病の食事療法気をつけるべきポイントは、やはり塩分やタンパク質を摂り過ぎないということです。タンパク質を摂取しすぎると体の中に老廃物が蓄積されてしまい、腎臓へ多大な圧力がかかります。ご飯やパン、イモ類に多く含まれていますが、野菜や果物にも含まれているのでメニューを考える際は注意しましょう。また、厳重に栄養管理をしたいのなら調理済みの腎臓病食を利用しても良いでしょう。1食800円前後ですが、料理作りの負担が減るので、治療に専念できます。